t.a.t.d.

mhikari.exblog.jp ブログトップ

ミリタリー

e0038862_262032.jpg
私服生活となり、腕時計もそれ相応のものを探していたところ、以前から気になっていたHamiltonのカーキフィールドメカをAmazon.comで見つけ購入・・・。円高もあり、かなりお安くなっていました。日本ではカーキフィールドメカ38mmは売っている店も減ってきている中、ここでみつけるとは思ってもいませんでした。さすがアマゾン、何でもありますね。このタイプは数年前にミスターハリウッドでもオールブラックのタイプが発売されたこともあります。とてもシンプルでさりげないのですが、確かな存在感もある普段使いにぴったりの1つだと思います。一つ気になることはベルトの交換って可能なのか?ってこと・・・。
[PR]
# by mhikari3 | 2010-12-03 02:34 | Design

NEWDAYS

e0038862_1592114.jpg
以前からインストゥルメンタルミュージックは好きなのですが、最近はこれ。j-waveで流れていて、誰だろう?と思っていたところに新宿のタワレコにてインストアライブの準備をしている音が。あっ、これだと思って調べたところSchroeder-Headzというグループのようです。ピアノメインですが、低音で響いてくるベース音がいいです。
[PR]
# by mhikari3 | 2010-12-03 02:05 | Other

フライターグ

e0038862_128696.jpg
今更ながらに欲しいもの、フライターグのバッグ。もう何年も前に初めてD&Dなどで見かけたときは衝撃的だったものも今や皆普通に着こなし(?)ている。フライターグはスイスにてトレーラーの幌を再利用して作られ、そのため1つ1つ異なったデザインであることはよく知られているかと思います。その中にはカラフルなものからモノトーンなタイプまで幅広く、カジュアルからモードなスタイルにまで違和感なく溶け込む点も使用する側からすれば大きなポイントだと思います。しかし、仕事がらかフライターグの生産から販売までのシステムこそがとてもよくデザインされており、最大の魅力に感じられます。特に商品の箱それ自体が店頭のディスプレイで引き出しになっており、さらに箱にも遊び心のある工夫がされている。ここまで考えられているとこちらとしても気持ちいいし、商品に対する思いも伝わってくる。そんなフライターグのバッグを暇があれば、探しているのですが未だピンとくるものがみつからない。そんな一つしかないものから自分の一つを探し出すのも魅力の一つなのですが。
[PR]
# by mhikari3 | 2010-12-02 23:57 | Design

魅力はなんだ?

e0038862_2319180.jpg
森美術館へは遅くまで開いていることもあり夜ぶらっと行くことがあるのですが、帰りにいつも見るのが写真のこれ。暗い夜にデジタル表示の数字が浮かび上がるだけなのですが、すきな作品のひとつです。これを背景にしてシルエットになった人が行き来するところもよいです。しかし未だにアートのどこに魅力を感じているのか言葉として伝えるのが難しい。直感とか感覚とか言えばそうなるのだが、それだけアートを理解できていないのだな・・・。
[PR]
# by mhikari3 | 2010-11-03 23:30 | Art

ネイチャーセンス展

e0038862_1541733.jpg
今日は会期終了も近づいているネイチャーセンス展を観てきました。一時は観なくていいかなとも思ったのですが、せっかく東京にいるので。入場してまず吉岡さんのスノーが目に入って来て、いきなりの意外性とインパクトに驚きました。吉岡さんの展示では最もインパクトがあり、わかりやすい作品でした。というのも他の2点は過去の作品の延長とわかりにくいものでした。しかし、吉岡さんは自然を形態というよりは現象として表現したいのがよくわかる展示内容だったと思います。

More
[PR]
# by mhikari3 | 2010-11-01 02:12 | Art

ラワン

e0038862_2522156.jpg
少し前ですが、D&Dで見たこの家具、とてもきれいです。素材はラワン合板を使っているのですが、自分の中のラワン合板のイメージが変わりました。いろんな事務所を知っている訳ではありませんが、建築の造作家具ではシナ合板が使われることが多いような印象があります。シナ合板は手触りがサラサラしていてよく、木目も濃くないので塗装(オスモなどの浸透していくタイプ)ものりやすく、変化度が高いというか用いる人によっていかようにでもなる可能性があるためなのでしょうか?一方、ラワン合板はおそらく価格も安いのだと思いますが、撫でるとトゲが刺さりそうで構造用もしくは下地に用いることが多いです。しかし、上の家具はラワン合板でありながら触っていて気持ちいいのです。後でHPを見るとペーパーがけ(どんな掛け方だ?)とクリアワックスのみのようです。なんか自分が知らないだけかもしれませんが、素材の可能性が広がったような感じがして嬉しかったです。ラワンは以前オープンハウスに行った住宅でも収納に使っていたのを見て、素材そのものの持つ色も気に入っていたので、今後は見えるところにも使ってみたい素材の一つです。
[PR]
# by mhikari3 | 2010-10-26 03:12 | Design

近況

e0038862_118159.jpg
・展示
藤本さん(ワタリウム)と石上さん(資生堂)で行われている展示を見ました。藤本さんは雑誌で発表されている作品からだけではわかりにくかった部分もわかりやすく、なんとなく(自分は)目指されている方向がわかるような内容でした。こういう所へ来て思うのは、アイデア自体はそんなに驚かされることはないのですが、それをいかに形に落とし込んでいくかがやはり差だなと。コンセプトと造形のバランスみたいなものが難しいけれど一番面白いところなのかな。石上さんの展示は一見して非現実的というかありえないだろうと思うようなことも実現に向けて動いていたりして、驚きそして、できあがったものを早く見てみたいと思う作品が多かったです。どちらも今注目の若手建築家であり、それらの展示が同時期に行われていることも一つの魅力でした。
・音楽
数年前からTSUTAYAで借りては聞いていたcaravanがベスト版を出したので、最近は専らそれを聞くことが多かったです。YUKIのハミングバードもこの人の曲です。一枚目のアルバムにライブDVDがついているのですが、なんともスローでいい感じです。家とかでゆっくりしたい時に聴くとやさしい気分になれる好きなミュージシャンの一人です。他ではやはりボーカルのないものが結構好きなのかINO hidefumiを聴き始めました。藤原ヒロシさんともよくライブされていたような印象があり、タワレコでみつけて視聴して聴いてみようと思い・・・。音楽はよくわからないので自分の趣くがままにいろんなものを聴いています。
・映画
映画といってもDVDなのですが、ソラニンとパレードを観ました。ソラニンは劇場公開のときに宣伝されていてあまり期待はしてなかったのですが、いい映画でした。あまり頭を使わずに自然と消化でき、疲れてるときに観たからかいい気分転換になりました。また、種田が弟の友人に改めてにているな〜、と。

・服
服はこの歳になっても好きみたいで、回数はかなり減ったもののたまに店に行くと癒されます。人間、好きなものに囲まれていると幸せですね。HRM、vendorなんかは店の雰囲気もよく服もいい。他にも今まではあまり手を出さなかったripなども初めは固いが着ているうちになじみ、サイズ感覚もすごく自分に合っている。その上、毎日私服での生活になってから丈夫なんだと気づきました。今紹介したような店は基本的に丈夫でこういう仕事をしているとそのタフさが重要です。あとは、一つマウンテンパーカーが欲しいですが、コストパフォーマンスがよくてサイズ、デザインのいいものがみつからず。自転車に乗る身としては早く手に入れないと寒さが・・・。

今後は建築を観に行きたいのと食べ歩きでもしようかな、と考え中です。

写真は北参道?で撮ったもので、目にチカチカする建物でした。
[PR]
# by mhikari3 | 2010-10-25 02:04 | Other

丸の内

e0038862_20403741.jpg
昨日は久しぶりに丸の内に行ってきました。こちらに来てからは初めてなのですが、正直いろんな人との話の中で丸ビル、新丸ビルなど聞くのですが、よくわからないので実際に来てみたのです。行くとどちらも学生の頃に来たことを思い出し、ここか〜と一人納得。改めて訪れると街のスケールがでか過ぎる。しかし、ビルが縦に長い分、写真のように抜けていると気持ちいいです。

More
[PR]
# by mhikari3 | 2010-10-11 22:04 | Other

青山

e0038862_0312581.jpg

[PR]
# by mhikari3 | 2010-10-09 00:31 | Architecture

アウトレット

e0038862_1364223.jpg
先日、御殿場のアウトレットに行く機会がありました。ここは大きくて有名なこともあるのですが、訪れると他(自分の知る限り)にはない魅力があることに気づきます。それは立地条件といえばそこまでなのですが、それを活かさないのはもったいない。ここは御殿場ということで、行く途中、東名に乗っていると正面に富士山が現れます。まずはあまり見慣れない自分としては、軽く気分が高ぶります。中でも高速を進んでいくと、富士山を右手に頂上から麓まで見渡せ、頂上から麓にかけての広がりを強く感じます。なんか富士山に支配されているような少し怖さも感じましたが・・・。
また、アウトレット自体は山を切り開いて造っており、eastとwestに分かれており、途中にブリッジで繋がれています。eastエリアを一通り見てからwestエリアへ行く際、少し店や商品ばかり見ていた目を休ませてくれるブリッジの先に見える富士山と周囲の山々は他のアウトレットでは体験したことのない、自然をうまく買い物という行為の中に取り込んでいると思います。

肝心な買い物はと言いますと、時期なのか元からなのか、なかなか買いたいものがみつからなかったのですが、最終的にはよかったよかった。

写真は関係ありませんが、原宿にある建物です。
[PR]
# by mhikari3 | 2010-09-27 02:09 | Landscape
line

イタリアでの写真です。像の動きが面白くて撮ってしまいました!


by mhikari3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31