t.a.t.d.

mhikari.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Design( 120 )

サイン

e0038862_1915661.jpg
宮下公園と同じときに入った原宿のスターバックス内にあったサイン。英語の意味はよくわかりませんが面白いので撮ってみました。個人的にこういう電飾を使ったネオンのサインは好きみたいです。スイスのヴァルスに行ったときにエントランスで迎えてくれる青色のサインもとてもきれいだった。このサインはすべての文字がおそらく一系統になっているため、つなぎの線が白く見えていてそれがちょうど階段を下りるときに目に入ってくるのが気になりますが、こういうのやってみたいなと思うサインでした。
[PR]
by mhikari3 | 2012-12-01 19:19 | Design

BRAUN電卓

e0038862_23505176.jpg
 先日D&Dのフリーマーケットに行ってこれを手に入れました。今ではネットでもなかなか売っているところがみつけられないのですが、以前からずっと欲しかったもの。本当はボタンが緑と黄と茶のものが欲しかったのですが、基本的なデザインが変わらないのでこれで十分です。ディータ・ラムスのデザインはシンプルでありながらもどこか親しみのある個人的に好きなデザインです。
[PR]
by mhikari3 | 2011-11-07 00:03 | Design

シェーバー

e0038862_229288.jpg
ふた月程前から写真のシェーバーを使っています。フィリップスの3Dタイプのもので、選んだ一番の理由は肌に優しいところ。基本的にT字は扱いが下手なので電動タイプで以前まではブラウンを使ってきましたが、今回は損した部分があったことと剃った後が痛かったので肌に優しいと言われているフィリップスにしました。大きな特徴はこの3つに分かれた刃で肌に押し当てるとこれが花のように各方向に開き、肌を包み込むようにしてそれていくような感じです。ただ今までのものとはタイプが異なるので使いこなせていない感じがあり、実際には部分毎に3つの刃を一つずつ使っています。そのためか剃るのに時間がかかりますが、噂どおり肌には優しく、今まではシェーバーでさえ血の出ることもありましたがそんなこともなくヒリヒリもしません。これから毎日使って使いこなしていくうちに手放せない存在になるのかも。
まあ以上が使ってみての感想ですが、デザイン面でも手で握リ易い形状の本体の上にクローバーのような刃が浮いているように見え、機能がそのまま本体のデザインとして表れたプロダクトだと思います。また、剃った髭が溜る刃の裏側を掃除する際には一枚一枚花びらをめくるように開けていくところも意図してなのかはわかりませんがより一層イメージを強くする一因だと思います。個人的にあまり有機的なものは無意識のうちに避けてきたように思いますが、結構気に入っています。
[PR]
by mhikari3 | 2011-06-20 02:51 | Design

フライターグ1

e0038862_0414358.jpg
先日も書いたフライターグを手に入れてきました。パスケースのようなものが欲しくてブラブラしていて、PASS THE BATONにて決まりました。中の構造としては通常のパスケースとは異なり小銭入れでもいけそうな仕切りがあったりと、単純にカードを収納するだけなら正直使いにくいとは思いますが、小銭とカードを少々持ってぶらっとするには丁度いい感じです。プラス使い方の可能性を探ってみたいな、と思いまして。
ところで購入したPASS THE BATONは表参道ヒルズの地下にあるのですが、なんともおもしろい店ですね。古着から雑貨、アート作品まで並んでおり店員さんも親切かつフレンドリーですし、ホームページでも様々な方が物を売っています。中にはこちらに来てから知り合った方が何名か載っていたので驚きですが、最近いろんな方面で出会いがあり、東京もいいものだな、と感じてきています(笑)。
[PR]
by mhikari3 | 2010-12-19 00:52 | Design

ミリタリー

e0038862_262032.jpg
私服生活となり、腕時計もそれ相応のものを探していたところ、以前から気になっていたHamiltonのカーキフィールドメカをAmazon.comで見つけ購入・・・。円高もあり、かなりお安くなっていました。日本ではカーキフィールドメカ38mmは売っている店も減ってきている中、ここでみつけるとは思ってもいませんでした。さすがアマゾン、何でもありますね。このタイプは数年前にミスターハリウッドでもオールブラックのタイプが発売されたこともあります。とてもシンプルでさりげないのですが、確かな存在感もある普段使いにぴったりの1つだと思います。一つ気になることはベルトの交換って可能なのか?ってこと・・・。
[PR]
by mhikari3 | 2010-12-03 02:34 | Design

フライターグ

e0038862_128696.jpg
今更ながらに欲しいもの、フライターグのバッグ。もう何年も前に初めてD&Dなどで見かけたときは衝撃的だったものも今や皆普通に着こなし(?)ている。フライターグはスイスにてトレーラーの幌を再利用して作られ、そのため1つ1つ異なったデザインであることはよく知られているかと思います。その中にはカラフルなものからモノトーンなタイプまで幅広く、カジュアルからモードなスタイルにまで違和感なく溶け込む点も使用する側からすれば大きなポイントだと思います。しかし、仕事がらかフライターグの生産から販売までのシステムこそがとてもよくデザインされており、最大の魅力に感じられます。特に商品の箱それ自体が店頭のディスプレイで引き出しになっており、さらに箱にも遊び心のある工夫がされている。ここまで考えられているとこちらとしても気持ちいいし、商品に対する思いも伝わってくる。そんなフライターグのバッグを暇があれば、探しているのですが未だピンとくるものがみつからない。そんな一つしかないものから自分の一つを探し出すのも魅力の一つなのですが。
[PR]
by mhikari3 | 2010-12-02 23:57 | Design

ラワン

e0038862_2522156.jpg
少し前ですが、D&Dで見たこの家具、とてもきれいです。素材はラワン合板を使っているのですが、自分の中のラワン合板のイメージが変わりました。いろんな事務所を知っている訳ではありませんが、建築の造作家具ではシナ合板が使われることが多いような印象があります。シナ合板は手触りがサラサラしていてよく、木目も濃くないので塗装(オスモなどの浸透していくタイプ)ものりやすく、変化度が高いというか用いる人によっていかようにでもなる可能性があるためなのでしょうか?一方、ラワン合板はおそらく価格も安いのだと思いますが、撫でるとトゲが刺さりそうで構造用もしくは下地に用いることが多いです。しかし、上の家具はラワン合板でありながら触っていて気持ちいいのです。後でHPを見るとペーパーがけ(どんな掛け方だ?)とクリアワックスのみのようです。なんか自分が知らないだけかもしれませんが、素材の可能性が広がったような感じがして嬉しかったです。ラワンは以前オープンハウスに行った住宅でも収納に使っていたのを見て、素材そのものの持つ色も気に入っていたので、今後は見えるところにも使ってみたい素材の一つです。
[PR]
by mhikari3 | 2010-10-26 03:12 | Design

こちらも

e0038862_032291.jpg
昨日に続いてこちらもきれいな家具です。食と農の博物館のカフェで使われているものですが、どこか他でもみたような・・・。直線のカクカくした家具ですが、いい感じに軽い。また、座面も同様の木材だと思ったのですが、よくみるとウレタン?になっていました。一般的に病院などのソファに使われていて、丸みを帯びたデザインに財用されているイメージが強いからか新鮮でした。
[PR]
by mhikari3 | 2010-03-17 00:40 | Design

この椅子知ってる方います?

e0038862_23101336.jpg
先日訪れた国立新美術館にて見かけたこの椅子、というかベンチ、誰がデザインしたか知っている方いらっしゃいますか?とてもきれいで気になってしまいまして・・・。
[PR]
by mhikari3 | 2010-03-15 23:11 | Design

展示

e0038862_2240212.jpg
以前行ってきた展示会から一つ紹介します。「+d」というブランドのようですが、外から観ると、展示を見ている人の首から下だけが動いているような・・・。単純におもしろい展示だと思いましたので載せておきます。
[PR]
by mhikari3 | 2010-01-04 22:48 | Design
line

イタリアでの写真です。像の動きが面白くて撮ってしまいました!


by mhikari3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30