t.a.t.d.

mhikari.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Architecture( 137 )

夏の家

e0038862_1202986.jpg
またもぎりぎりになって国立近代美術館の前庭に展示されているスタジオムンバイの夏の家を見てきました。
最初に目に飛び込んでくるのはキャンバス地に塗られた青で、目を引く色ですが木の色と相性がよく、日本人にはないような色彩感覚です。ディテールもとてもきれいで無料で見れる展示で久しぶりにいい思いができました。
来週で期間も終わりですので、気になる方はぜひお早めに!
[PR]
by mhikari3 | 2013-01-07 01:34 | Architecture

牧野記念庭園

e0038862_12335551.jpg
高知に引き続き行ってきました練馬区にある牧野記念庭園。設計はもちろん内藤さんです。ここは牧野さんが東京に出てきて暮らしていた場所の一部を記念庭園として残しているようです。東京以外からここをメインの目的地とすると物足りなさを感じる方もいるかと思いますが、植物学者である牧野さんの庭園ということで園内には様々な種類の木や花が植えられており、勉強になります。昨日行ったのですが一部紅葉もしており、庭園内にひっそりと建つ建築物とうまく調和してきれいでした。お近くの方はぜひ。
[PR]
by mhikari3 | 2012-12-08 12:39 | Architecture

青山のビル

e0038862_19321110.jpg
青山にある谷口吉生さんの設計したビル。このビルを含め谷口さんの建築って奇をてらったようなデザインではないんだけど、一つ一つのディテールとプロポーションによって出来上がった建物が品のある魅力的な建築物になる好例だと思います。かかっている金額が違うのですが・・・。日本人らしいし、スイスの建築にも精通しているような。いつもこれを見るたびに励まされます 笑。
[PR]
by mhikari3 | 2012-12-01 19:37 | Architecture

宮下公園

e0038862_1925251.jpg
先日渋谷で時間を持て余していたので見てきました。アトリエワンによる宮下公園。写真はその一部の管理棟のようです。この建物、こう見えて裏側はただのプレハブなんです。なんかうまいなって思いました。そしてブラックのシートが貼られたガラス面はダンス用の鏡なのでしょうか、これも中の建物とは何の関係もありません。それでも屋根ルーバーの鉄板の折り方や外壁の割付、その他のディテールを見ているとやはり建築家が入っている建物だと感じられる、単純かつコストを抑えた上で最低限のことをしている潔い建物でした。また、使われている様子を見てみたいものです。
[PR]
by mhikari3 | 2012-12-01 19:12 | Architecture

金沢

先日しばらく地元へ戻っていたので金沢へ行ってきました。
金沢は21世紀美術館以外にも新しい建築ができ、また変わっていきそうな感じです。

e0038862_1493277.jpg
e0038862_1492687.jpg
e0038862_149191.jpg
e0038862_1491134.jpg

[PR]
by mhikari3 | 2012-10-22 01:49 | Architecture

メタボリズム

e0038862_231465.jpg
iphoneにて

終了が迫っていたメタボリズムに関する展示を観に森美術館へ行ってきました。
観ての感想はどの計画も力強くすごく飛び抜けて感じられました。メタボリズムという言葉は聞いたことがあり、新陳代謝を意味し黒川さんの中銀カプセルなどは知っていましたが、その先の東京計画1960などの海上都市などについては聞いたことがある程度で今回でようやく流れはつかめた感じです。建物にコアをつくり他の部分を時代に合わせて変えていく方法はスケルトンインフィルで今でも集合住宅をはじめ残っている考え方ですが、海上都市は高度経済成長期だからこその考え方だと思うし、自分がその時代を生きてきていないので正直そこまで必要なのかと思ってしまいました。展示ではCGの動画が流れているのですが、想像するだけで新宿の都庁付近のような巨大なスケールが想像され、圧倒されっぱなし。
しかし、この時代の建築家は日本の未来を思い、自分の仕事とは別にこれだけの構想を世間に発表してきたパワーは伝わってくるし、建築家が都市計画に関わってきた経緯もみていると建築家というものの世間からの捉えられ方が今とは違うような・・・。
こういう建築家の姿勢っていいなと思う。社会に還元していくような。

この展示の前に恵比寿のギャラリーKOKOでチャーリー・コールハース(レム・コールハースの娘のようです)の展示を観てきたのですが、写真よりは展示方法が面白かった。ワンルームの空間に上からスチールの棒によって大小様々な写真を吊るしているのですが、背面が鏡になっているため歩いていると目の前に予期しないものが出てきて、奥行きのある空間が感じられる。
正直場所はわかりにくいですが堅苦しくなくよい場所でした。(恵比寿のマルジェラの横のビルと言えばわかりやすいですね)

写真は帰りに通った森タワーの展望台から見た東京。薄暗いのでボケてますが。
それにしてもこの時期はみるみるうちに暗くなるので、上から見ているとその変化がわかりやすいですね。
[PR]
by mhikari3 | 2012-01-10 00:00 | Architecture

初台のかえり

e0038862_17583281.jpg
写真展を観たオペラシティーのある初台から新宿へ歩いて戻るときに通った都庁。こんなに近くで見たのは初めてで、圧倒的な建築物に驚きました。新宿には高い建築物はいくつもあるはずなのに存在感が飛び抜けています。写真左手の丹下さんによるツインタワーは高さはもとより、ファサードデザインが構成的?とでもいうか、さらに石の使い方もあって威圧感たっぷりな建築の集まりでした。そのため、この都庁群だけで一つ完結していました。
新宿はここのように固い部分と混沌とした街が駅を挟んで表裏になっているところが面白いんでしょうね。まだわかりませんがなんとなく・・・。
[PR]
by mhikari3 | 2011-06-19 18:22 | Architecture

しずく

e0038862_0574720.jpg
浅草で見かけるこの建物というかオブジェ。スタルクによるデザインでアサヒビールの建物です。ビールだけにしずくを表現しているみたいです。この建物は中のトイレまでスタルクらしいというか、ぜひ体験していただきたいです。
[PR]
by mhikari3 | 2011-05-20 01:03 | Architecture

ツリー

e0038862_1656385.jpg
GW初日に建設中のスカイツリーを見に行ってきました。押上の駅から出て一瞬どこだって探すのですが、振り返ると隣接するビルとともに建っています。近くで見た印象はなんて細いんだ。周囲の白い柱の1本1本は近くで見ると太いのですが、全体のバランスでは明らかに東京タワーやエッフェル塔とはプロポーションが異なり圧倒的な細さです。また、通常これぐらいの大規模工事ではJV(ゼネコンが数社で工事を行う)が多いのですが、ここは大林組の一人勝ちといった感じです。(横の低層ビルは大成建設でしたが)周辺の川辺も整備され来年の春が楽しみです。
周辺はといいますとそれなりに土産屋ができたりしていますが、まだ飲食する施設は現段階では少なめです。おそらく建設中の隣接するビル2棟(高層と低層)に多く入るのかな。しかし、開発とともにどこでも同じような店が入ったビルが建設される現状ってどうなんだろう。正直なところ今まで銀座や東京まで出ないとなかった店が近くにできればとても便利だし、実際自分もあると行ってしまうと思います。しかし、他から来た人にとってはどこも同じような風景に感じられるのでは?大阪の梅田でも地下街や横丁なんかが残っているからまだしもNUやハービスなんかはそのまま東京に持ってきても違和感ないし。かといって自分に何かできる訳でもないですが、こういう開発を見る度に複雑な心境になります。
帰りに浅草も散策したのですが、交差点で人が止まって写真を撮っているなと思ったらその先にはスカイツリーが。その度に見え方が異なり、遠くからみるとシルバーの印象が強いですね。まだ建設中ですが、着々と当たり前の存在になりつつあるようすが今回感じられました。

More
[PR]
by mhikari3 | 2011-05-01 17:28 | Architecture

青山

e0038862_0312581.jpg

[PR]
by mhikari3 | 2010-10-09 00:31 | Architecture
line

イタリアでの写真です。像の動きが面白くて撮ってしまいました!


by mhikari3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31